SEO - SEO対策

パソコン初心者講座

       パソコンを買ったばかりで、何からやったらいいかわからない方、
       PCインストラクターの私が、基礎から教えます。

文字入力の準備

★ 日本語を入力できる状態にしましょう

言語バーを確認しましょう。(右下にあります。)

(日本語モード)

(英語モード)

日本語モードになっていれば、OKです。

切り替えは、キーボードの「半角/全角キー」で行います。


言語バーが表示されない場合は、タスクバーに入っているので
タスクバーのマークの上で右クリックして、「言語バーの復元」にします。




言語バーは、「MEスタンダード」が一般的です。

ナチュナルインプット」は、癖があって使いにくいので、あまりお勧めではないですが
お好みで使い分けてください。





★入力の方式を選びましょう

日本語を入力する方式には、「ローマ字入力」と「かな入力」があります。

例えば、「かさ」と日本語で入力したい場合
キーボードの表示を見ながら入力します。

  ● K A S A → かさ  (ローマ字入力)

  ● か さ →かさ       (かな入力)

どちらも、画面上には、日本語で「かさ」と表示されます。
入力方式が違うだけなのです。

じゃあ、どちらの方式が人気なのか?と言いますと
今では圧倒的に、ローマ字入力です。

ローマ字入力の方が、キーボードをたくさん押さないといけないので
一見遅くなるように感じるかもしれませんが、
実は、ローマ字入力の方が、打つ速度が速くなります。

というのも、アルファベットは26文字しかないのに比べて
ひらがなは、41文字もあるので、キーボードの場所を暗記することが
非常に難しいからです。

現在では、ローマ字入力が主流ですので
会社に就職を希望されている場合なのでしたら
ローマ字入力で練習されることをおススメします。

個人で楽しむ場合は、どちらでも構いません。
既に、かな入力で速く打てる方もいらっしゃるでしょうし
お好きな方式で入力されてくださいね!


★ ローマ字入力とかな入力の切り替え方

通常、ワードを起動すると、ローマ字入力になっていますので
ローマ字入力の方は、そのまま入力できます。



かな入力の方は、言語バーの 「KANA」をクリックしてください。



一番右下の「KANA」の部分をクリックすると
ちょっと色が濃くなりますね。

この状態が、「かな入力」です。